自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/2/21(月) - 2005/2/25(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ少子化は世界の経済と社会にとって大きな脅威だと思いますか?

キャスター
竹田圭吾
竹田圭吾 ニューズウィーク日本版編集長

急速に進む日本の少子高齢化は、年金改革や移民労働者の受け入れなど社会のあり方を大きく揺さぶる震源となっています。しかし実際には、少子化は日本だけの問題ではありません。ある予測によれば、現在64億人の世界人口は2050年ごろに約90億人で増加のピークを迎え、以降急速に減っていくと言われています。

日本の場合、70年に5・8だった合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の数の平均)は1・8にまで低下しました。ドイツはさらに少ない1・4で、このままいけばドイツの人口は今後40年間に8250万人の2割近くが失われることになります。アメリカを除く先進国はどこも同じような状況に直面しています。

世界全体で人口が減れば、その影響範囲はそれぞれの国にとどまりません。先進国の消費市場が縮小すれば、日本が輸出産業の主力としている高付加価値の製品やサービスは行き場を失ってしまいます。労働力を国外から調達しようにも、多くの国は優秀な人材を囲い込むようになり、企業間の人材確保競争も激しくなるでしょう。

少子化が世界の未来に影響を及ぼす問題であることは確かです。ただ、どれほどの脅威なのかは、それぞれの国の住人が自分の国の社会や経済の未来像をどう考えるかによって変わってくるでしょう。少子化の何がどう脅威なのかを考えてみたいと思います。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english