自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

変革の旗手たち

プロダクトチーフデザイナー 中島 敬氏


乗って下さる人たちの服装の色を想像するんですよ

社内的な変化とかデザイナーの立場の変化とかと同時に、自分としては、今はなるべくニュ−トラルでいたいなという気持が強くなってきています。というのも、クルマのデザインっていうのは特にエクステリアデザインの出身者が多いんですけど、往々にして、クルマの特殊な世界にあこがれている面があると思うんです。それが悪いことだとは思っていないですけれども、何というか、クルマ独特の世界にいたいと思っているんですよ。

そうするとクルマっていうのは一つの大きな彫刻なんですよね。大きな彫刻であって、走るし、ゾクゾクッとするわけですよ。そういう快感があるからそこにいたいんですよ、本当はね。だけどそれはある意味デザイナーにとってみると自己表現そのものなんです。どういう形をそこに転写するかはね。そうするとそこに誰が乗るかとかね、そもそも関係なくなってしまう。その世界って要するに自動車の始まりがそうだったと思うんですけど、何もない平面に解き放たれたヒョウとかライオンとかね、そういう存在なわけですよ。別にそこに人が乗って何を考えて何をするために動いているかとか関係なくてもデザインできちゃうよって。でもそれだけでは、駄目なんですよね。デザイナーとしてはそれも捨てがたいんですけど(笑)。

そうなると、変な言い方ですけれど、もうちょっとニュートラルでいないと逆にこの仕事はつらくてできない。僕としては、少しずつニュートラルでいられるようになった自分の成長を見ているつもりです。

クルマの色を決めるときも、乗る人の服装の色を想像するんですよ。



活躍する女性たち
変革の旗手たち
クルマ創りのこだわり
イベントリポート
進化するクルマMap
チャイルドシート
あの人のクルマライフ
ewoman メンバーの声




e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english