自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>マネー&リーガル@>ワールドマネーリポート>第2回 イギリス
マネー&リーガル@

World Money Report〜世界のマネー事情〜

【第2回】 イギリス イギリス/ロンドン
イー・ウーマンリーダーズ 梅村真希さん
梅村真希さん
ロンドン在住3年。メディア・リサーチの仕事をしながら経済史の博士号取得に奮闘中です

How much? 各地の住まい

ロンドンの住居価格は英国平均の1.6倍

ロンドン不動産屋写真
↑不動産の価格高騰でマイホームを持つのは難しい状況。日本のマンションのような狭い「フラット」に住む人が多い

ロンドン住宅写真
↑日本人向けの不動産屋。駐在員など、日本人の多いアクトンやフィンチレー地区にあり、日本語を話すスタッフがいます
東京と同じく、ロンドンでマイホームを持つのは近年の不動産の高騰もあって、ますます難しくなってきています。特に初めて住居を購入する若者は、ロンドンを選択肢に入れない場合が多いようです。

生活の拠点を構える場所は、各個人がどこにクオリティー・オブ・ライフ(QOL)を見い出せるかにあるようです(ちなみにロンドンは一人住まいが40%近くを占めています)。驚くことに、街中ではスペインの太陽と比較的安い土地を求めるイギリス人を対象に、スペインの不動産フェアの宣伝も見かける始末です。しかし、大抵は狭くても交通の便がよいフラット(中高層住宅で1戸分が1〜3階式にできている日本のマンションのようなもの)にするか、より静かな環境で交通の便の悪い地に住居をおくかに悩まされるようです。
ロンドンで生活するのに問題となるのは、公共交通機関が時間に正確ではないことと、市内に車でアクセスする際に、「Congestion Charge」(コンジェション チャージ)という税金がかかることです。降雨のために駅が閉鎖されたり、鉄道が止まったりすることは日常茶飯事で、勤務、通学にたびたび影響します。

ちなみにロンドンの住居の平均価格は22万8625ポンド。英国平均の14万624ポンドのおよそ1.6倍です。フラットを含め、イギリスのマイホーム保有率は69%と、ヨーロッパの中では少ないほうです。
ロンドン住宅写真
↑プリムローズヒル地域に住んでいた頃のフラットです。3階のフラット(2LDK)を2人でシェアしていました
ロンドンに住む20代、30代シングルの多くは、フラットをルームシェアしています。1ベッドルーム延床面積およそ20平方メートル、トイレ・バス・キッチン・リビングをシェアして、一人あたり1カ月500ポンド前後です。

COLUMN/暮らしの中から
イギリス/ロンドン 梅村真希さん
無料の公共医療と高級私立医療の格差が問題化
ロンドン写真
↑ラッシュ・アワーのホルボーン駅付近。人とクルマが溢れています
イギリスの医療はNHS (National Health Service)のもと、日本と同じく国民健康保険制度がしかれています。この制度の長所は、歯科・眼科は少額ながら有料ですが、それ以外のほとんどの医療サービスを国民が無料で受けることができるところです。処方薬は一律6.40ポンドで購入できます。
短所は医療サービスの質が十分でないこと、専門医にかかるまでの待ち時間が長いこと、施設の老朽化、医療スタッフの人員不足などです。一般医に紹介され、専門医に診察してもらうまで数週間待つことはもちろん、緊急事態でない限りは数カ月待たされることも少なくありません。
手術は無料ですが、数カ月の待ち時間のため、体調は悪化しかねません。そのためか、イギリスには公共医療とともに私立医療が両立しており、中流階級以上の人々は、しばしばプライベートの医療保険に加入し、よりよい医療サービスを求めるようになっています。経済的に恵まれている人々がお金を払い、より質の高い医療を購入するのは自然なことかもしれません。ただ、優秀な医師や設備がプライベート医療に流れる傾向にあり、海外から医師・看護師をまかなっているNHSの状態は、しばしば議論されています。
ロンドン写真
↑家の近所のお店です。商品はすべて税込価格で表示されています

→ ワールドマネーリポート 目次
アメリカ・ワシントンD.C. 1.アメリカ/ワシントンD.C.
イギリス

2.イギリス/ロンドン

カナダ 3.カナダ/トロント
中国 4.中国/上海
オーストラリア 5.オーストラリア/メルボルン
イタリア 6.イタリア/ミラノ
タイ 7.タイ/バンコク
ブラジル 8.ブラジル/サンパウロ
フランス 9.フランス/パリ
ニュージーランド 10.ニュージーランド/オークランド
香港 11.中国/香港島
アメリカ・カリフォルニア 12.アメリカ/シリコンバレー
パキスタン 13.パキスタン/イスラマバード
ドイツ 14.ドイツ/フランクフルト
ナイジェリア 15.ナイジェリア/アブジャ
韓国 16.韓国/ソウル
メキシコ 17.メキシコ/モンテレイ
インドネシア 18.インドネシア/バリ島
オランダ国旗 19.オランダ/ハーグ
エクアドル国旗 20.エクアドル/キト
シンガポール国旗 21.シンガポール/トロブランガ地区
ベルギー国旗 22.ベルギー/ブリュッセル
フィンランド国旗 23.フィンランド/ヘルシンキ
オーストラリア 24.オーストラリア/パース
中国 25.中国/北京
イギリス 26.イギリス/ウエストブリッジフォード
アメリカ・ロサンゼルス 27.アメリカ/Coto De Caza new
〜マネー&リーガル@の記事〜
→ 現在進行中の円卓会議
→ イー・ウーマンユニバーシティ講座
→ ワールドマネーリポート
→ マネー&リーガル 月替わり特集
→ マネー&リーガル@トップページ
→
イー・ウーマンサイトトップページ
イー・ウーマンオリジナル版 アクションプランナー ACTION PLANNER 2006年版 好評発売中!
■価格定点調査
 消費税率
17.5%
 タクシー初乗り料金
2ポンド
 最近食べたランチ代金
3.50ポンド
 映画鑑賞料金
8.50ポンド
 1人あたりGDP
24,137ドル(2001年)
 外国為替レート
円・英国ポンド 196.47327
(10月13日13時現在)

■その他
 住宅ローン金利
5.4%
 起業最低資本金
0ポンド
(株式会社の場合5万ポンド)
 VAT(Value-Added Tax)
EU全域に課せられており、消費税と似ている。消費税は最終商品にのみに課せられる国々が多いが、VATは最終商品およびすべての取引において(中間材にも)課せられる。一般的に日本、アメリカの消費税率よりはるかに高い。
 ガソリン小売価格
1ガロン2ドル超(レギュラー・昨年の約2割増)
※1ガロン=3.785リットル
2004年10月現在

ページ最上部へ
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english